上野公園を花見見物をした後、根津〜谷中を歩いて日暮里駅までの散歩コースです。桜は満開ですごい人混みでごった返しています。風に吹かれて花びらが少し散り始めていました。

上野公園…もともとは徳川家の墓がある東叡山寛永寺のだったが、明治維新以後、市民に公園として開放されました。東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館など日本を代表する博物館が公園内に点在しています。
東照宮

門柱の脇の高彫(たかぼり)、昇竜(のぼりりゅう)・降竜(くだりりゅう)は、日光東照宮の「眠り猫」などで有名な左甚五郎の作品です。龍は近くの不忍池に水を飲みに行った言われています。桜の木、灯籠で囲まれた参道には露天が立ち並びます。境内にある鳩のモニュメント内に1990年8月に原爆の火から採火された広島・長崎の火が灯され続けています。

清水観音堂

江戸時代に京都清水寺を模して造られた。100mに位置する上野忍岡でも最も高所の摺鉢山に創建されていたことは、京都の清水寺が京都市街を眼下に臨む東山山麓に建立されていることに倣ったと考えられます。現在の本堂は平成2年〜8年に解体・修理されたものです。

西郷隆盛像


隆盛の旧友らにより有志2万5千人余りから寄付金を募り、明治26年起工、同31年建立されたものです。作者は、彫刻家高村光雲(詩人高村光太郎の父)。高さ約3.6メートル、重さ約29トンといわれます。

弁天堂

上野公園の隣にあり、かつての東京湾の名残です。江戸時代は池の周囲に水茶屋が並び町民の遊び場でした。不忍池弁天堂は寛永寺の境外祠堂で寛永年間(1624〜44)に常陸下館城主水谷伊勢守が中島を築き堂を建てて弁財天を祀ったのに始まります。


不忍池

現在、不忍池は蓮池・ボート池・上野動物園西園の池の3つに分けられています。 敗戦直後、食糧不足解消のため、池を干拓して水田にしたことがあります。昭和24年(1949)には、池を埋め立てて野球場にしようという計画が持ち上がった事もあるそうです。結局、「池を残せ!」という世論に負けて廃案になりました。

不忍池の名前の由来について「相思相愛の男女がここで忍び会っていたが、男が謀られてこの池で水死し、女も後を追って入水した」という説、また「上野山が忍ヶ岡と呼ばれていることに対して不忍池と命名された」という説があります。


不忍池をあとにして「東京新発見散歩」(昭文社)のガイドを参考にして根津、谷中経由で日暮里駅を目指しました。不忍通りに沿った裏道沿いに歩きます。

根津の小路(不忍池〜芋甚)

不忍通りに沿った根津の裏道。アイスがおしいいと評判の芋甚(今日は定休日(泣))がある愛染大通りまで下町らしい細道が続きます。明治時代に建てられた串焼きの店「はん亭」(写真右)など味わい深い商家、民家が続きます。

藍染大通り

芋甚から少しの間、貸本屋などを古い商家を見ながら歩きます。足を伸ばすと江戸時代の古時計を集めた大名時計博物館があるそうですが、今日はパスしました。10メートルほど路地にそれると「下町絵はがき」ののぼりが。下町の風情をペン画で描く画伯杉山八郎氏の自宅兼アトリエです。

へび道・よみせ通り

藍染大通りを左に曲がると静かな住宅街を蛇行する「へび道」を歩きます。2t車も通れない細い道を2〜3メートル置きに左にクネ、右にクネと400メートルほど歩きます。そして、活気のある商店街「よみせ通り」へ。しばらく歩くと谷中商店街の入り口があります。

谷中商店街

NHK朝のドラマ「ひまわり」(松嶋菜々子主演)の舞台になった商店街です。食品、衣料品、雑貨、飲食店などいろいろな店が軒を並べていて見ているだけで楽しくなります。今日のランチは手打ちうどん「かみや」にしました。歯ごたえのあるうどんもおいしいですが、あげたてのかきあげが人気のようです。塩をつけて食べるようにすすめられました。さくっとした歯ごたえそしてボリューム、大満足です。ここから「夕焼けだんだん」という階段(写真右)を上れば日暮里駅はすぐそばです。



春うららかな暖かい日、花見と下町風情を十分に楽しむことができました。日暮里駅すぐそばにある谷中霊園も桜の名所なので足を伸ばしました。こちらも多くの家族連れやグループでにぎわっていました。また、駅の反対側には駄菓子屋問屋が軒を連ねた駄菓子屋横丁があります。懐かしい菓子やおもちゃ、時間がたつのを忘れてしまいます。昔、遊んだ物と同じ形のコマを見つけ、うれしくなりました。