法恩寺(恵比寿)

越生駅を降りると正面に山門が見えます。宝物殿の高野・丹生明神像、絹本着色の釈迦三尊像は国の重要文化財に指定されています。








正法寺(大黒天)

鎌倉建長寺の末寺で、足利尊氏の開基と伝えられている。代々建長寺の高僧の隠居寺とされ、死期を悟った僧が生きながら食を断ち、仏となる聖地とされたそうです。明治4年には越生で初めての学校がここで開校されました。







世界無名戦士の墓

第2次世界大戦で戦死した、身元のわからない戦士の遺骨が納められています。越生の町並みを見下ろすことのできる展望台にもなっています。毎年5月第2土曜日に行われる無名戦士のための慰霊祭では、昼間はお稚児行列、夜は花火大会が行われます。(







越生梅林

約2ヘクタールに約1000本の梅が植えられています。『花の観光地づくり大賞』も受賞しているそうです。(

(写真左…売店で売られている梅ジュース類、右…越生ばやしが祭りを盛り上げる)

平成14年 越生梅まつり催し物日程表
2/23(土) 都幾川太鼓 3/16(土) 秩父屋台ばやし
2/24(日) 越生ばやし
たばこキャンペーン
3/17(日) 越生ばやし
獅子舞
3/2(土) 雅楽 3/21(木) 越生ばやし
武州大宮魁太鼓
3/3(日) 越生ばやし
獅子舞
3/23(土) 鳩山太鼓
3/9(土) 玉川陣屋太鼓 3/24(日) 越生ばやし
越生小唄
3/10(日) モデル撮影会
越生ばやし
獅子舞

●梅まつり期間:平成14年2月23日(土)〜平成14年3月24日(日)
●開催時間:午前10時30分〜午後3時頃
※ミニSL運行…梅まつり期間中の土・日および祭日に運行。3月中は毎日運行。(大人・小人よも1周1回(253m)200円)



(写真をクリックしてください。拡大されます。)


最勝寺(福禄寿)

梅林から徒歩10分ほどの場所にあります。梅林の喧騒から離れ絵を描く人、弁当を楽しむファミリーなど静かな時が過ぎていました。建久4年(1193)、源頼朝公の命によって、児玉雲太夫が創建したといわれています。明治41年に本堂を焼失し、上谷の常願寺を移築しました。山門の横にある門前六地蔵は、もとは都幾川の慈光寺道と飯能の子の権現参詣路との三叉路にあったもので、巡礼者の道しるべとなっていました。また、境内には医聖・田代三喜顕彰碑があります。


○今日のコースは
越生駅…(5分)…法恩寺…(10分)…正法寺…(20分)…世界無名戦士の墓…(15分)…五大尊つつじ公園…(25分)…福寿草園…(10分)…越生梅林…(10分)…最勝寺…(30分)…黒田屋…(15分)…越生駅です。
五大尊つつじ公園は4月下旬〜5月に関東一という1万本のつつじが咲きます。また、福寿草園は梅生産者の新井氏が30年前から庭に育ててきた福寿草を一般公開しています。両神村で鑑賞してきた、福寿草、ほとんど散ってました。最勝寺からの帰り道は梅林方面に向かう渋滞の車を見ながらの車道になります。
ランチは三滝入り口交差点にある手打ちうどん黒田屋にしました。創業は明治5年だそうです。天ぷら付きもりうどんが650円とうれしい値段です。米粉だけで作る1本80円の田舎団子も人気です。