6月最後の日曜日、武蔵横手駅→長念寺→(武蔵横手駅)→瀧泉寺→高麗駅と国道299号沿いの花の名所を散策してきました。見頃のあじさい、咲きはじめのはす、そして帰りは途中下車して円照寺のスイレンを楽しむことができました。

武蔵横手駅を出発。梅雨の谷間で晴れベースの天気です。
15分ほどで長念寺に到着です。あじさいいはちょうど見頃でした。
(西武鉄道HPより〜武蔵野33観音の第29番で、奥武蔵のあじさい寺と呼ばれています。参道周辺を中心に約200株が咲き誇ります。)
国道299号からの山門階段。
階段から境内に入るとあじさいに道をふさがれていて歩くのにはかなりせまいスペースしかありません。
武蔵横手駅方面に戻る途中、高麗川を眺めていると、ちょうどレッドアローが通過しました。
長念寺から武蔵横手駅方面へ戻り、武蔵横手駅から20分で瀧泉寺に着きます。国道299号沿いの長く立派な石垣の塀が印象的的です。
(西武鉄道HPより〜武蔵野33観音の第28番で「はす」の寺としても知られます。鉢植えの花が約130品種(鉢)あり、参拝された方は美しい花が観賞できます。)
鉢植えのはすの花が咲き始めていました。まだまだつぼみにもなっていない鉢が多く、これから7月にかけてが楽しみです。
掲示板には「花あれば花 雨あれば雨 自然のありよう 楽しもう。」
瀧泉寺をあとにして高麗駅を目指します。国道299号はあじさい街道の別名がついています。
高麗橋にはあじさいの模様がありました。
武蔵横手駅から奥武蔵のあじさい寺長念寺まで歩き、Uターンして瀧泉寺経由で高麗駅まで歩く散歩コースです。国道沿いですから変化にとぼしいコースですが長念寺のあじさい、瀧泉寺のはす、どちらも楽しむことができました。西武鉄道HP「沿線花さんぽ」を参考にしたコースです。このHPで、元加治にある円照寺のスイレンが見頃なのを知り、元加治駅途中下車で寄りました。白のスイレンがほとんどでしたが、ちょうど見頃でした。鯉に餌を与えているファミリー、カモも静かな時を過ごしていました。

花の写真をクリックして下さい。(拡大表示されます)